気が焦るときの『呼吸法』

気が焦るなと思ったときに

行っている呼吸法がありますので

ご紹介します。

 

 

 

気が焦っているときは

呼吸も浅くなり、

からだもこわばってくると思います

 

 

・まず、準備として

からだの力みを開放していきます。

息を吸って、両肩を耳に近づけ

吐いて、両肩・腕をストンと脱力します。

5回くらい行うと緩んでくると思います。

回数はお好みで。

 

 

・次に胸式呼吸をします。

胸いっぱい鼻から息を吸います。

ろっ骨を開くイメージで。

口から息を吐きます。

呼吸が浅く感じるときは

のどが締まっている感じがするかと思います。

胸式呼吸でのどのつまりを取っていきます。

 

 

・最後に、腹式呼吸をします。

吸う息でおなかをふくらませ

吐く息でおなかをへこませます。

吸う息3秒、吐く息は倍の6秒です。

鼻から吸って、口から細く長く吐きます。

慣れてきたら秒数を長くしてもOKです。

 

酸素を取り込むことで細胞がイキイキと、

からだはぽかぽかしてくると思います。

 

 

 

いかがでしたか。

ご参考までに。

深呼吸

心地よい日々を

夏目まさ代くれたけ心理相談室(知多支部)心理カウンセラー
夏目まさ代のお申し込みはこちらから承ります。

コメントはお気軽にどうぞ